〒105-0014 東京都港区芝2-6-3

☆気になる歯科矯正☆

☆矯正歯科について☆

矯正歯科ってなんだろう?????

 

悪い歯並びや噛み合わせをきちんと噛み合うようにして

きれいな歯並びにする歯科治療です。

しかし、きれいな歯並びにするために歯を削って差し歯にすることは

基本的にはありません。

矯正装置を通じて、歯やあごの骨に力をかけてゆっくりと動かして、

歯並びと噛み合わせを治していきます。

上下のあごの歯並びがお互いにちゃんと噛み合ってない状態を

専門的には「不正咬合」と言います。

 

 

 

    ・・・どんな症状・・・???

 

・食べ物が噛めない

・虫歯になりやすい

・歯槽膿漏になりやすい

・口臭の原因になる

・あごに負担がかかる

 

などの様々な問題が起こっています。

 

 

 

☆歯列矯正の治療方法の特徴とメリット・デメリット☆

 

歯列矯正の治療方法は様々な種類があります。イメージされやすい治療方法が、歯の表面に、装置を付けて行う治療で「ブラケット矯正」と呼ばれています。

ブラケット矯正とは、ブラケットと呼ばれる装置を1本1本に接着させ、ブラケットに通したワイヤーが元に戻ろうとする力で歯を動かす歯列矯正の方法です。

また、ブラケット矯正以外の治療方法として、マウスピース型の矯正装置を使用した「マウスピース矯正」という治療方法もあります。

それでは様々な治療方法の特徴やメリット・デメリットをお話していきます。

 

 

 

メタルブラケット

 

メタルブラケット

 

一般的に見受けられるのが、金属のブラケットを用いた「メタルブラケット」と言われる治療方法です。ほかの治療方法と比べ、費用が抑えられており、耐久性もあります。

また、様々な症状に対応できます。しかし、金属で目立ってしまうことが難点です。

 

メリット

・ほかの治療方法と比べ、安価

・金属の為、耐久性が高い

・様々な症状に対応が可能

 

デメリット

・見た目がかなり目立ってしまう

 

 

 

 

 

裏側矯正

 

 

歯の表面にブラケットを装着しない治療方法として、「裏側矯正」といわれる治療方法があります。

歯の裏側にブラケットを装着することで、治療器具が目立ちにくくなっております。そのため、接客業などで歯列矯正がためらわれる方にはおすすめです。しかし歯の裏側に装着するため喋りづらくなる恐れがあります。また、歯の表面には装着するブラケット矯正と比較して費用が高くなります。

 

 

メリット

目立ちにくく、見た目が良い

 

デメリット

・喋りづらくなる恐れがある

・ほかのブラケット矯正と比較し費用が高い。

 

 

 

 

 

マウスピース矯正

 

マウスピース矯正

 

ブラケット矯正のほかに、自由に取りはずしが可能な「マウスピース矯正」があります。

ブラケットやワイヤーを使用せず、透明で薄いマウスピース型の矯正装置を使用して歯並びを整える治療方法です。マウスピース矯正は目立ちにくく、取り外しが可能です。さらに、ブラケット矯正と比べて痛みを伴いにくいです。取り外しが可能ですが、装置時間を守らないと治療が進まないです。さらに、対応できる症状が限られてしまいます。

 

 

メリット

・透明で目立ちにくい

・歯列矯正中に痛みを伴いにくい

・取り外しが可能

 

デメリット

・装置時間を守らないと治療が進めない

・対応できる症状が限られる

 

 

 

歯列矯正は歯並びと噛み合わせを改善するための治療方法で、体と心の健康にも関係していきます。

自分のライフスタイルなどを考えて、自分に合った治療方法を見つけることで無理なく、歯列矯正をしていきましょう。

 

いつでもご相談可能です。矯正について少しでも気になる方はいつでもお申し下さい。