〒105-0014 東京都港区芝2-6-3

当院のホワイトニングについて

現在、ホワイトニング専門店や、気軽にホワイトニングが行えるカフェやサロンなど、様々な形でホワイトニングが行える環境になっています。

当院でも開院当初からホワイトニングメニューを設け、ホワイトニングを行なっております。

本来、ホワイトニングは医療機関でしか取り扱えない薬品を扱い、 患者様のお口の中を触る医療行為なので、国家資格を持った歯科医師または歯科衛生士のみが行える行為です。

格安でホワイトニングを行なっている施設では、資格を持っていない人が違法で行なっている場合、誰でも扱える他の材料を使用し、セルフホワイトニングとして、患者様自身で行なう方法をとっているところも存在しています。

※資格が必要ない材料を使用した場合でも、他人のお口の中に触れる行為自体が医師または歯科医師、歯科衛生士、看護師のみと法律で定められています。

法律違反を行なっているサロンでホワイトニングを行なった場合、術者が刑法違反で罰せられるだけでなく、本来ホワイトニング施設には一人以上居ることが定められている歯科医師も居ないことが多いことから、万が一トラブルが起きた場合に対処の仕様がないという危険性があります。

また、ホワイトニング剤は歯に正しく塗布されないと効果を発揮できないので、歯の表面の汚れを歯科衛生士の専門的機械的なクリーニングで綺麗に落としてからでないと本来の効果は現れません。(歯石やバイオフィルムといって歯科専用の医療機器がないと取ることが出来ない汚れがあります。)

汚れの上から薬剤を塗っても、せっかくの薬剤が汚れの膜に付いてしまい歯まで届かないケースが出てきます。

その場合、効果が見られないだけでなく、白くなったところとそうでないところで、歯がムラになってしまう可能性も高いです。

セルフホワイトニングを提供しているサロンでは、患者様自身が塗布をするので、法律的に問題はありませんが、ホワイトニングの薬剤、照射用のライトと共に医療品・医療機器は法律上扱えません。

その為、歯科医院で仕様されているホワイトニング剤(過酸化水素水が主成分)と異なり、重曹のような食品添加物でも認められているような物を主成分としているものを使用することになります。

その為、本来のホワイトニングとは異なり、歯の表面の着色を落としているようなイメージに近いです。

一般的に歯科医院で行うホワイトニングでは、

①ホワイトニング剤を塗布する歯の汚れ(プラークや歯石、ステイン、バイオフィルム等)を専用の医療機器を使用したクリーニングによって取り除きます。

(この時点で表面の汚れが落ちたことにより歯が本来の白さに戻ります)

②ホワイトニング薬剤を塗布し専用のライトで照射。歯のエナメル質の部分を曇りガラスのような状態に変化させます。※歯の黄ばみはエナメル質の下にある象牙質が透けて見えているため(象牙質は黄色味かかっている為)起こります。エナメル質を曇りガラス状にし、透けにくくさせる為白く見えるようになる仕組みです。

ホワイトニングというと歯を漂白させるイメージを持たれる方が多いと思いますが、漂白とは少し違い、このように歯のエナメル質部分にだけアプローチしており、歯が脆くなることはありませんのでご安心下さい。

また、当院では、ホワイトニングのライトで照射する際に、歯茎が日焼けしないように日焼け防止のガーゼで覆う等、細心の注意を払っております。

そのまま照射を行うと、歯がせっかく白くなっても、歯茎が日焼けして黒ずんでしまったり、場合によっては軽いやけどのような症状が出てしまうこともあります。

 

ホワイトニングを行なった後の副作用(注意点)

・ホワイトニング後、一時的に知覚過敏の症状が出る事があります。こちらは一時的なもので平均1日〜2日、期間や、しみる症状には個人差がありますが、これは必ず治まってくるものですのでご安心下さい。

・ホワイトニング後、一時的に(2〜3時間)歯が酸に弱い状態になります。

その為2〜3時間は酸性の食品は控えるようにお願いしています。(例:柑橘系の食品・飲料、炭酸飲料、酢を使用した食品、ヨーグルト、スポーツドリンク、アルコール類)

・ホワイトニング後、一時的に(24時間)着色がしやすい状態になります。

その為、24時間は色の濃いご飲食を控えることをお勧め致します。(例:コーヒー、紅茶、赤ワイン、コーラ、カレー、醤油、チョコレート、葡萄、苺など)

 

ホワイトニングは一度すれば一生そのお色が維持出来るものではありません。

数ヶ月〜数年で徐々に色の後戻りが起こります。

白さを維持するためには定期的に歯科医院でホワイトニングを行なったり、ご自宅でホームホワイトニングを行うこともとても有効です。また医療機関専売の歯磨剤などにはホワイトニング用の色戻りを防ぐ歯磨き剤などもございます。それらを兼用するなどし、白さを維持する事が可能になります。

 

◆当院では、ホワイトニング後のご飲食のご案内や、アフターケアの説明も歯科衛生士がしっかりと行なっております。

◆安心してホワイトニングを受けて頂ける環境でお迎えしておりますので、ご興味や質問などがありましたら、お気軽にご相談ください。