〒105-0014 東京都港区芝2-6-3

意外に知られていない入れ歯のこと

意外に知られていない入れ歯のこと

意外に知られていない入れ歯のこと

意外に知られていない入れ歯のこと

入れ歯治療とは?

入れ歯歯を失ってしまった場合に行われる補綴(ほてつ)治療。
その中でも、入れ歯は広く利用されている治療法のひとつです。
種類は素材や形状などによっていくつかに分かれ、それぞれにお手入れ方法なども違います。

入れ歯の仕組みと種類について

入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。
前者な名前の通り、歯の総てを入れ歯にする方法です。
歯ぐきに床部分を吸着させて固定します。
上顎用・下顎用といった種類にも分けられます。

後者は、欠損部分の一部を補うための入れ歯です。
歯ぐきに被せた床と天然歯にひっかけたバネで支えます。

床の素材

入れ歯の床部分には、レジン床と金属床という種類があります。
前者は保険適用なので費用が安く抑えられます。
もっとも一般的に使用されていますが、強度を保つために厚みがり、装着時に違和感を覚える場合があります。

金属床は自費診療の入れ歯です。費用は高くなりますが、強度があるので薄く作れます。
そのため、装着時の違和感がなく、熱伝導率が高いので食べ物の温度も感じやすいといったメリットがあります。

歯の素材

入れ歯の歯には、歯科用プラスチックのレジンと、セラミックがあります。
レジンは比較的柔らかい素材なので、経年劣化によりすり減る可能性があります。
セラミックは耐久性が高く、自然な見た目を実現できるのが魅力ですが、一方で衝撃に弱いという性質を持っています。

入れ歯の疑問を解消! よくあるご質問

Q.入れ歯を洗う時には熱湯を使うべきですか?
歯科用プラスチックのレジンでできた入れ歯は、60℃以上のお湯で変形する可能性があります。
熱湯ではなく、ぬるま湯で洗浄するようにしましょう。
なお、普段口にされるお茶などは、ほとんどの場合口に運ばれる時に60℃以下になっているので心配いりません。

Q.専用ブラシや入れ歯洗浄剤でも落ちない汚れはどうすればいいですか?
どうしても落とせない汚れや着色は、無理に除去しようとすると入れ歯にダメージを与えてしまいます。
歯科医院へと持参し、キレイにしてもらいましょう。

Q.入れ歯でも普通の歯磨き粉を使ってブラッシングをしていいですか?
市販の歯磨き粉の中には研磨剤が入っています。
これで入れ歯を磨いてしまうと、細かい傷が表面に付き、そこから細菌が侵入して口臭の原因になる可能性が高いです。
入れ歯をケアする時は、専用の洗浄剤をご利用ください。

Q.入れ歯を洗浄する頻度はどれくらいが適切ですか?
基本的には毎食後の洗浄が望ましいです。
最低でも一日一回、口から外し専用の洗浄剤で洗いましょう。
また、“つけおき洗い”の場合は、効果と衛生面を考え、必ず洗浄剤を都度替えてください。

Q.入れ歯の安定剤は使用すべきですか?
多少の不具合や違和感がある場合、安定剤による調整は有効です。
ただし、あくまでこれは一時的な対処でしかありません。
状態がひどい場合は、早めに歯科医院まで相談に行きましょう。

入れ歯はもう“特別”ではありません

現在、おおよそ5人に1人は入れ歯を使っているというデータがあります。
また、高齢者が使うものというイメージが強いですが、歯周病などで歯を失い、30代で入れ歯を使用することになった患者さんも少なくありません。
すでに入れ歯は、現代社会の生活の一部と言えるでしょう。歯を失い、お困りの方はぜひご相談ください。