〒105-0014 東京都港区芝2-6-3

根の治療とは?痛みや治療期間、流れについて

根の治療とは?痛みや治療期間、流れについて

根の治療とは?痛みや治療期間、流れについて

根管治療(根の治療)とは?

「根の治療」「歯の神経の治療」とも呼ばれる根管治療。
その通り、歯の根元にある“根幹”を治療するための施術です。

根管治療は「抜髄」と「感染根管治療」に分けられます。
前者は進行した虫歯が神経まで達してしまった時に行う治療で、神経を含む歯髄の除去を行います。
後者は、それよりさらに進行した虫歯や、歯の外傷(折れた場合など)、歯周病、治療した根幹の再感染といった原因によって歯根が細菌に感染した場合に行われる、細菌・汚染物質除去のための治療です。

いずれも、痛みなどの症状を取り除いたり、歯を残したりするために必要な治療です。

根幹と歯髄(しずい)の構造について

歯ぐきより上に露出している歯の部分を「歯冠」と呼びます。
一方、歯ぐきの中に埋まっている部分は「歯根」と言います。
根管治療の“根幹”とは、歯根の中軸にある細い管状の部分を指します。
この管の中には神経や血管といった組織が含まれており、これをまとめて「歯髄」と呼びます。

治療内容について

根管治療は一般的に以下の流れで行われます。

    1. 歯肉の切開

まずは麻酔を施し、歯肉を切開して歯髄(神経や血管が含まれた部分)を露出します。

    1. 感染組織の除去

虫歯菌に冒された歯質を削って取り除きます。また、細菌に感染している歯髄についても、ファイルやリーマーという専用の器具で除去します。

    1. 根管内の清掃・消毒

感染組織を取り除いた後は、薬剤を使用して根管内を洗浄・消毒します。その後、薬を入れた状態で仮ふたをし、1週間程おいておきます。その後、薬剤は1週間ごとに交換して根管内を完全にキレイにしていきます。

    1. 薬剤の充填

キレイになった根管内に歯科治療専用のシーリング材を充填します。これで、再び細菌が根管内へ侵入するのを防ぎます。

    1. コアの設置と人工歯の補綴

根管内の治療が終わったら、患部に芯を立て、そこに人工歯を被せ、歯の機能を回復させます。

治療期間について

治療期間は感染の状況や細菌の種類、使用する薬剤との相性、患者さんの体調や免疫力によって異なります。
早い場合には2~3回の通院。長い場合は、1年以上の時間が必要です。
なお、途中で治療を中断したり、期間を空けすぎたりするとせっかく少なくなった細菌が増殖し、またはじめから治療を行うことになりかねません。時間がかかっても、根気よく治療に臨むのが大切です。

治療中の痛みについて

必要に応じて麻酔を使用しています。そのため、通常であれば痛みを感じることはないでのご安心ください。ただし、治療内容や症状によっては麻酔が効きにくかったり、使用できなかったりするケースもございます。

根管治療はじっくり根気よく取り組みましょう

重篤化した虫歯は自然に治癒することはありません。
症状を放置し感染が拡大すると、激しい痛みや腫れに悩まされ、最悪の場合は抜歯が必要となります。
また、口腔内だけでなくリンパの腫れや全身への悪影響も懸念されます。
進行してしまった虫歯は根管治療でしっかりと治療し、今後の再発を防止するため、ケアに努めましょう。